住み慣れた家で暮らす

住み慣れた家で最期まで過ごしたい――

そんな想いに応えられるよう、​そうわクリニックは容態が悪化し重症化した後でも引き続き対応し、最期のお看取りまでお支えします。

がん末期や重度障害でもご自宅での療養を希望される方を最期までバックアップいたします。

ご自宅で最期まで過ごすこと

患者様やそのご家族様の想いを伺うと、ご自宅でできるだけ自然な形で最期を迎えたいと望む方がほとんどです。ところが実際は約8割の方が病院で亡くなられています。それには、痛みや医療処置などに対する不安や、患者様ご家族にかかる介護負担などが背景にあります。

出典:厚生労働省「人生の最終段階における医療に関する意識調査」(2013年)より

ご自宅での療養をサポート

そうわクリニックでは患者様のご意向を確認しながら、自分らしく過ごせる生活を支援しています。そして実際多くの患者様が自宅で最期まで過ごされています。(グラフ)

住み慣れた環境で最期まで有意義に過ごして頂くため、身体的なケアだけでなく、患者様に寄り添い、精神的な負担を取り除くことも「在宅医療」の一部と捉え、取り組んでいます。またご家族様のご不安や介護の負担に対する相談もお受けしています。

当院での看取り状況

安心してご自宅で過ごしていただくために

そうわクリニックの取り組み

1. 多職種連携

毎朝ディスカッションを行い、基本的な医療情報から意思決定にまつわる情報を収集・把握しながら多職種との連携を行います。情報の共有方法は電話・FAX、メールなど様々。どの職種も一人ではすべての問題を解決することは難しいため、他の専門職と連携をしながら療養環境をサポートします。

2. 緩和ケアと疼痛緩和(痛みのコントロール)

長期の療養生活では、体や治療のことだけではなく、将来への不安や精神的な辛さを感じることがあります。緩和ケアと疼痛緩和によって癌に伴う心と体のつらさを和らげるようサポート致します。安心してリラックスできる住み慣れたご自宅で生活のペースに合わせながら病院と同じような緩和ケアを受けることができます。

疼痛や呼吸苦が出た場合には医療用麻薬を使用し痛みのコントロールを行う場合があります。「飲み薬」「貼り薬」「点滴・皮下注射」など病状やご希望によって選択します。患者様やご家族様が「どのような生活を過ごしたいか」ということも含めて考え、対応しております。

3. 介護される方の負担を軽減

介護保険によるショートステイの利用が困難な患者様に対しての連携病院でのレスパイト入院も対応可能です。レスパイトとは「小休止」「息抜き」「休息」を意味し、介護している方が一時的に介護から解放され、リフレッシュや休息をとる「介護者のため」の入院を指す言葉です。介護している方の休息が患者様、ご家族様にとって非常に重要です。

自宅療養からの入院について

医療サービス・介護サービスがあってもやはり介護面、精神面など負担が大きくなり、自宅ではなく入院を希望される場合は、連携病院での受け入れも可能です。入院では医師や看護師が常にそばにいるため、急変があっても速やかに適切な対応が可能です。介護ができる間は自宅で療養し、介護が難しくなった場合は入院することも可能です。

 ​バックベット機能(相和病院)ついて

そうわクリニックでは 「家にかえりたい」、「家で一緒に過ごしたかった」というご本人様、ご家族様の意思を尊重で きるよう、サポート致します。

訪問診療 在宅医療​​
そうわクリニック

〒252-0144

神奈川県相模原市緑区東橋本3丁目18番7号

TEL 042-785-2801​​(平日9:00~18:00)

相和病院バナー2.gif

©2019 by そうわクリニック

Built & Supported by "EQUATOR Web Consulting"

問合せy2.png